Loading news. please wait...

グリーンシーズン(5月~11月)

カヌーを体験の方へ

カヌー

カヌーは水に親しむことのできる楽しい遊びですが、安全に楽しく遊ぶために、森の家ではルールを設けています。皆さまの安全のため、体験を希望する方は事前にご確認ください。ご不明の点はお気軽にお問合せください。楽しく、思い出に残るカヌー体験を楽しみましょう!


<カヌーご体験可能な年齢など>

  • • 幼児のお子さまは、大人の方と2人乗りで池カヌーの体験が可能です。ただし、次の条件を満たすことができるお子様に限ります。
  • 1人でおとなしくカヌーに座っていられること
  • 胸囲が50cm以上あり、子ども用のライフジャケットをしっかり着用できること
    (胸囲50cm未満では、転覆時ライフジャケットが体から外れてしまう危険性があるため)
  • 幼児のお子さまの1人乗りでのカヌー体験は承っておりません。
  • 小学校1~3年生までのお子さまは、大人の方同伴の2人乗りで池カヌーを体験していただけます。
    ただし、胸囲が50cm以上あり、子ども用のライフジャケットをしっかりと着用出来る必要があります。
  • 小学校4~6年生のお子さまは、大人の方同伴の2人乗り及び1人乗りでの池カヌーを体験していただけます。ただし、ライフジャケットの着用と共に、身長が140cm以上で、体験の最初から最後まで、自分の力で漕ぐことができる必要があります。ご了承くださいませ。
  • 中学生以上の方は、身長140cm以上で、体験の最初から最後までご自身の力で漕艇いただける方であれば、1人乗りまたは2人乗りにて池カヌーを体験していただけます。

※体験していただけるフィールド等につきましては、あくまでも目安です。ご参加に際しましては、ご自身やご家族・ご友人の体力・体調・体験に不安を感じていないかや当日の天候や流れ等をインストラクターと一緒に確認し、安心して体験いただけるようにしましょう。特に、お子さまは体が小さく、低体温になりやすいこと、1人乗りでの体験時に、パニックになってしまう心配はないか等、十分な確認が必要です。

<体験時に守っていただきたいこと>

  • 体験時は必ず、インストラクターの説明をよく聞いてカヌーの扱い方・楽しみ方をマスターしましょう。万一転覆した場合の対処法もお伝えします。
  • カヌー体験は水面から水に親しむスポーツです。森の家のカヌー体験では、スタートからゴールまでをご自身で漕いで楽しんでいただきます。

<服装について>

  • 足元はかかとのある脱げないサンダル(ウォーターサンダル・クロックス等)
  • 濡れてもいい格好
  • 陽射しと水面反射があるのでサングラスや帽子など
  • タオル・着替えとくにお子さまは衣服が濡れて体が冷えてしまわないよう、必ず用意しましょう

<体験受付について>

カヌーイベントに参加したい!
以上の注意事項をご確認の上、いつの何というイベントに参加したい!と森の家にご連絡ください。お電話またはメール・フロントで前日まで受け付けています。イベント催行人数に達しない場合、中止とさせていただく場合があります。また、カヌーを安全にお楽しみいただける天候・水位の条件でないと判断した場合には、当日の朝、やむを得ず中止の判断をさせていただく場合があります。
※体験のフィールドまで、ご自身の車で移動をお願いする場合がございます。ご了承くださいませ。また、難しい場合はご相談ください。

カヌーイベントの無い日に、カヌーをしたい!
→2名様以上で、ご希望の日にカヌー体験を楽しむことが出来ます。各月のおすすめについては、体験情報のページをご覧ください。ご希望の日にちと参加の人数をお知らせください。インストラクターの手配が可能かどうかを確認したのちに承ります。

トレッキングを安全に楽しんで頂くために

【道具】

  • 靴:
    防水性の高いトレッキングシューズがベスト。ない方は滑りにくく、歩きやすい靴。
    または長靴(半日~1日歩く場合は慣れている方に限る)。レンタルあり
  • ザック:
    森の家周辺で半日程度の散策でしたら、10~20ℓのバックパックで大丈夫です。一日トレッキングではウエストベルト付きのしっかりしたものが適しています。大きさは行程に合ったもの。
    降雨時に中身が濡れないよう、ザックカバーやビニール袋等の雨対策を。
  • 服:
    吸汗、速乾性に優れた素材を使用した衣類。
    長袖・長ズボンが基本ですが、ジーンズ等の動きにくく、乾きにくいものは不適ですので、ご注意下さい。気温により、着脱できるよう重ね着(レイヤー)が基本です(例:フリース、セーター)
  • カッパ:
    上下分かれたもの。防水透湿性の素材だとムレずに快適(例:Gore-Tex製品)
  • 水 筒:
    行程に合った大きさのもの。目安としては【体重×歩行時間×5=水の量(cc)】
    夏季の1日トレッキングには十分余裕を持って用意しましょう。
  • その他:
    着替え、頭を守る帽子、軍手、サングラス、虫除け、常備薬、行動食(アメ、チョコレート、ナッツ類等)。お持ちの方はヘッドランプ。行程が1日の場合はお弁当。
    ※必要に応じてトレッキングポール(レンタルあり)や日焼け止め等

【ツアー前】

  • 多くの場所では山中にトイレはありません。必ず出発前に済ませましょう。
  • 当日少しでも体調に不安を感じたら、登山は控えましょう。

【ツアー中】

  • のどが渇く前に、こまめに少しずつ水分補給をしましょう。
  • 通常の食事とは別に、歩きながら食べられる行動食を携行しましょう。
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう。
  • トイレに行きたいときは我慢せずにガイドにお声かけ下さい。
    ※ご使用になられたティッシュ等は必ずお持ち帰り下さい。
  • ハチ、ヘビ、クマ、ウルシ等の動植物への注意点は出発前にガイドからお伝えいたします。
  • ツアー中はガイドの指示に従ってください。
  • 体調に異変を感じたら、すぐにガイドにご相談下さい。

【天候判断】

  • 小雨程度はほとんどの場合、実施いたします。
    〔雨や濃霧の日のブナの森は晴れた日とは一味違う神秘的な姿を見せてくれます。〕
  • 荒天等でのツアー中止判断は、前日夕方または当日の朝です。遠方からお越しの方、宿泊を伴う方はご予約時にお知らせ下さい。

【山菜狩り・キノコ狩りの注意点】

  • ヤブ漕ぎをすることがあるので、道迷いやハチ、ヘビ、クマ、ウルシと遭遇する機会も増え、危険も増します。必ずガイドの指示に従い、離れずに行動してください。
  • 代表者(ツアーの場合は添乗員)は必ず全員の携帯電話番号を把握し、必要に応じて連絡が取れるようにしておいてください。(ソフトバンクは圏外の場所が多くあります。)
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう。
  • トイレに行きたいときは我慢せずにガイドにお声かけ下さい。
    ※ご使用になられたティッシュ等は必ずお持ち帰り下さい。
  • 天候によっては山菜やキノコが採れない場合があります。

※ツアー中は必ずガイドの指示に従ってください。ガイドの指示に従わない結果、ケガを負われたり、事故に遭われても、責任を負いかねます。

※ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
 お問合せ先:なべくら高原・森の家 TEL 0269-69-2888


Copyright©MORINOIE. All Rights Reserved.